【AudioSwitcher】オーディオデバイス簡単切り替えアプリケーション

PC

AudioSwitcher

AudioSwitcherはWindowsの既定のオーディオを簡単操作で切り替える事が出来るアプリケーションです。

通常はタスクバーでオーディオクリック>オーディオ設定クリック>デバイス選択 としなければいけませんが、AudioSwitcherならホットキー>デバイス選択で切り替え可能です。

キーボードのみで切り替えできるので楽ちんです。

タスクバーってアイコンが小さかったりして誤操作してしまったりと、使いにくいんですよね…

テレワークをしていると朝は会議の為にオーディオデバイスをヘッドセットに切り替え→音楽を流しながら仕事をするためにオーディオデバイスをスピーカーに切り替え→会議の為にヘッドセットに切り替え…みたいに頻繁にデバイス切り替えをするため、ストレス軽減のために作成しました。

フリーソフトとして公開しているため、無料で利用いただけます。

動作環境

.NET FrameWork4.8
インストーラーは使用しないため、.NET FrameWork4.8がインストールされていない場合は以下からダウンロード&インストールをお願いします。

.NET Framework 4.8 をダウンロード | 無料の公式ダウンロード
.NET Framework 4.8 を使用してアプリケーションをビルドし実行するためのダウンロード。.NET Framework 向け Web インストーラー、オフライン インストーラー、および言語パックのダウンロードを取得します。

ダウンロード

下記Githubの「AudioSwitcher.zip」からダウンロードをお願いします。
ダウンロードしたフォルダを解凍して、お好きな場所に配置して使用ください。

フォルダ内のDLLは実行に必要なため、EXEのみ移動させての利用は出来ません

Release AudioSwitcher v1.0.3.0 · gorihei/AudioSwitcher
・WindowsUpdateバージョン22H2でレイアウトが崩れる問題の対応

使用方法

インストーラーはありません。

上記からダウンロードしたファイルをお好きな場所に配置して、AudioSwitcher.exeを起動してください。

C:\Toolフォルダとかおすすめです。ごりへいはツール類は全部ここに突っ込んでいます。

起動すると下記の画面が表示されます。

初回起動時に自動で有効なデバイス一覧が表示されます。

機能一覧

①設定ボタン

設定ボタン(歯車アイコン)をクリックすると設定画面を表示します。

設定項目を以下に記載します。

項目名説明
Hotkeyホットキーの組み合わせを設定します。
デフォルトではCtrl+Alt+Aとなっています。
Hotkey Enabledホットキーの有効状態を設定します。
Run at startupWindows起動時に自動で起動するかどうかを設定します。
Visibility at startup起動時の表示状態を設定します。ONにすると表示状態で起動します。
Memorize the display locationアプリケーションの表示位置を記憶するかどうかを設定します。
OFFの場合、固定で画面中央に表示します。
Minimize on cloze閉じるボタン(x)でアプリケーションを最小化するかどうかを設定します。
ONの場合、閉じるボタンがクリックされたらアプリケーションを最小化します。
OFFの場合、閉じるボタンがクリックされたらアプリケーションを終了します。
AutoUpdateデバイス一覧を自動更新するかどうかを設定します。

Aboutタブは開発者情報になります。

②最前面表示ボタン

最前面表示のON/OFFを切り替えるボタンになります。

③ショートカット切り替えキー

アクティブデバイスを切り替えるためのショートカットキーです。

④デバイス名称

デバイス名称が表示されます。

⑤デバイス設定ボタン

既定のデバイスに選択したデバイスを設定します。

⑥既定デバイスチェック欄

現在の既定のデバイスかどうかのチェック欄です。

ONのデバイスが現在の既定のデバイスに設定されています。

⑦入出力音量調整バー

入出力デバイスの音量調整バーです。

Windowsの入出力デバイスの音量に同期しています。

⑧マイク入力チェック欄

現在アクティブなマイクの入力をチェックできます。

マイクに入力があると音量に応じてバーが移動します。

⑨サウンドテストボタン

既定のデバイスにビープ音を流します。

デバイスを変更した際の確認用です。

⑩更新ボタン

デバイス一覧を更新します。

新しくデバイスを接続した際やWindowsの設定画面からデバイスを切り替えた場合の更新に使用します。

通知アイコン

タスクトレイにある通知アイコンを右クリックでメニューが表示されます。

また、ダブルクリックで表示/非表示が切り替わります。

項目名説明
Show/Hide表示/非表示を切り替えます。
Exitアプリケーションを終了します。

変更履歴

  • 2022/06/16 v1.0.0.0 公開
  • 2022/06/19 v1.0.1.0 公開
  • 2022/06/22 v1.0.2.0 公開
  • 2022/10/20 v1.0.3.0 公開

v1.0.1.0

  • 入力デバイスも切り替えられるようにした。
  • キー入力のみでデバイス切り替えを出来るようにした。
  • デバイス一覧の自動更新オプションを追加した。
  • マイク入力をチェック出来るようにした。

v1.0.2.0

  • 入出力音量調整機能を追加した。

v1.0.3.0

  • WindowsUpdateバージョン22H2でレイアウトが崩れる問題の対応。

PC自作アプリケーション開発
凡人プログラマーのブログ

コメント